普段の気になった事や興味のある事を書いています。

hisaの何でもブログ!

野球

U18アジア選手権、日本は台湾に完敗!吉田輝星は疲れてた?

更新日:

U18アジア選手権のスーパーラウンドが始まり、日本対台湾の試合が行われました。

結果は完敗です。打線も沈黙でエラーあり・・すべての流れが悪い方向に行きました。

これで連覇の道は消え、3位決定戦に臨むだけとなりました。

なぜこうなってしまったのか?この原因を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

U18アジア選手権、日本は台湾に完敗!

各グループの上位2チームが勝ち上がって、4チームによるスーパーラウンドが本日から始まりました。

 

勝ち残った4チームは、日本、韓国、台湾、中国。

 

そして本日は

日本対台湾

韓国対中国

 

が行われました。

 

韓国対中国は、韓国の打線の猛打が襲い、11-0のコールド勝ちをおさめています。

 

そして日本対台湾の試合ですが・・1-3の惜敗。今日の侍ジャパンは、ツキにも見放されてしました。

 

根尾の第一打席は深い位置でのショートゴロ、タイミングは完全「セーフ」なのに、塁審は【アウト】の宣言・・

 

ここから嫌な感じがしました。

  • 鋭い打球も野手の正面
  • 打ってもポップフライ、沈黙
  • 野手のエラー
  • 策がない

予選リーグや韓国戦の打者の打球の感じを見て、フライが多いと。

なので今日の打者は低い打球を打とうと言う意思は感じたが、勢いよく飛んだ打球が野手の正面を付きヒットが出ない。これは台湾の投手のコントロールがいいからです。コースにきちんと投げてれば野手の正面にボールがいきます。

 

よってヒットは打たれない。

 

また大事な場面では、相変わらずフライを上げてしまう悪循環。

 

今日も野手のエラーが出てしまいました。これまでの試合では、エラーが出た後は必ず打たれて点が入っています。

 

今日も、一塁の野尻のなんでもないフライを落球⇒タイムリー打たれる

 

そして「名手」と言われているショート小園は、この日もエラーやバウンドを合わせれれなくヒットにしてしまったり、小園らしからぬ守備をしてしまい、流れを引き寄せられない。

 

何か策はあったのかと言うと、そのような策は見られなかった。監督はもう少し工夫がほしかったですね。

 

唯一光ったのは、先頭打者の小園がセーフティバントで塁に出た事でしたが、その後が沈黙。

 

打者も初球を打ちに行ったが、相変わらずのフライアウト・・すべてが悪い方向に。

 

こうなってしまうと、タラればになってしまうが、花咲徳栄の野村や近江高校の北村が入っていれば打線の厚みが違ったかなと。日置をDHで使うくらいだったら・・

 

そもそもメンバー構想に問題があった感が否めないですね。

 

台湾に負けた敗因は?

負けるときは、負けるべくして負けるもの。今日の敗因は、

  • エラー
  • 凡打
  • 約束事の不徹底
  • 運に見放された

これに尽きると思います。

スポンサーリンク

吉田輝星は疲れていた?

前回の韓国戦で95球を投げているので、今日の当番はないと思いましたが、先発の大阪桐蔭、柿木がピリッとしません。

 

その後4回からエース吉田輝星が登板してきました。私はこれには少しビックリと違和感がありました。

 

「U18でも吉田輝星を酷使するのか・・」と正直思いました。

 

 

この日の吉田輝星は調子は今一つだったような気がします。ストレートも球速がでてないし、(140キロ前半)変化球もキレがなく球が甘く来ていた。

 

なぜか表情がさえない様にも感じました。バテているのか、疲れているのか、覇気がない。

 

 

時たまマウンド上でストレッチをする場面もありましたが、今までこんなことはなかったと思います。

 

韓国戦の初回同様、変わった回に打たれてしまいました。

 

打たれた理由としては、何と言ってっも【投げすぎ】

 

個人的にはチーム事情があるとは言え、登板させてほしくなかった。この日も4回から8回まで投げさせて、壊す気か?と思う。

 

奥川、山田他いい投手がいるので、短いイニングで投げさせても良かったのではと思います。

 

まとめ

結果台湾になすすべなく完敗で決勝には行けず、3位決定戦にまわります。明日の中国戦は誰が投げるのか?

 

期待度が高かっただけに今回の大会のこの結果は、少し残念に思います。

 

甲子園が終わり、すぐU18アジア選手権があり、選手の疲労の蓄積が完全に取れてない状態で望んでいるので、特にU18には優勝した大阪桐蔭の選手が5人も揃っているので、なおさらではないでしょうか?

 

選手の人選にも疑問がありました。

 

最後に「侍ジャパン」としての意地を見せてほしいです。中国に勝てば3位に入り、来年のU18ワールドカップ出場権獲得できるのでね。

 

でも選手の皆さん、お疲れ様でした!

おわり

スポンサーリンク

-野球

Copyright© hisaの何でもブログ! , 2018 All Rights Reserved.