普段の気になった事や興味のある事を書いています。

hisaの何でもブログ!

自動車

女性に人気のSUV車ランキング!気になる燃費もとことん比較!

更新日:

もう普段の生活の一部となっている愛車。自分の手足の様に使いこなしますよね

旅行やデート、ドライブ、生活ではスーパーで買い物をするにも、駅や塾に迎えに行くのも車は必需品ですよね

また嫌なことがあってもお気に入りの愛車でドライブしてると忘れることができます!

そんなんで今回は、自動車の事について書きたいと思います。

自動車でも特に人気の『SUV』シリーズ、なおかつ一般的なSUVランキングと「女性」に人気のSUVランキングを発表したいと思います

何が1位か楽しみですね

スポンサーリンク

SUVとは?

みなさんSUVと当たり前のように言ってますが、この「SUV」って何の略なのでしょうか?

気になったので調べてみました

SUV=スポーツ・ユーティリティ・ビークル(英語: Sport Utility Vehicle

訳すと「スポーツ用多目的車」となります。

街中でも海でも山でもどんなシチュエーションでもその機能を果たしてくれる、そんな「いいとこどり」な車です

私も以前まではSUVに載っていました

以前はでかい、重い、燃費悪いなどでデメリットな部分がありましたが、近年は低燃費、女性でも運転しやすい、デザイン性も良く、価格も抑えられて、「コンパクトSUV」なる物も発売されてきました

なのでますますSUVの需要が伸びますね!

気になるランキング

まずSUVランキングですが、「コンパクト」、「ミドル」、「高級」「女性」向けに分けてランキング発表したいと思います

コンパクトSUV

全長が4,400mm以下のSUVであることが「コンパクトSUV」の定義となります

1位:トヨタCH-R

2017年1−9月 販売台数 99,572台
2016年 販売台数 4,655台
2015年 販売台数 未発売

トヨタが満を持して発売したコンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」が、2017年の前半を制しました。
発売1ヶ月で目標の販売台数を大幅に上回る受注を受けるという快挙を成し遂げており、発売から1年近く経つも人気はまだまだ続きそうです。

2位:ホンダ ヴェゼル

2017年1−9月 販売台数 53,428台
2016年 販売台数 73,889台
2015年 販売台数 71,021台

日本だけでなく、世界中で人気の高い「クーペとSUVの融合」というコンセプトで販売されているクロスオーバーSUVです。

3位:マツダCX-3

2017年1−9月 販売台数 12,344台
2016年 販売台数 19,872台
2015年 販売台数 30,020台

マツダ CX-3は「コンパクトクロスオーバーSUV」をコンセプトに作られたSUVです。
SUVであるにも関わらず、全高1,550mmに抑えられており、街乗りを想定したデザインになっています。

ミドルサイズSUV

ミドルクラスSUVの定義は、全長4,400㎜以上

1位:日産 エクストレイル

2017年1−9月 販売台数 42,347台
2016年 販売台数 56,151
2015年 販売台数 58,484

現行の日産 エクストレイルは2013年にフルモデルチェンジされた3代目の人気SUVです。
アウトドアっぽいデザインから、エクストレイルは街乗りにもぴったりなデザインへと方向転換されました。

2位:マツダCX-5

2017年1−9月 販売台数 32,636台
2016年 販売台数 20,235台
2015年 販売台数 27,243台

マツダが全力を注いでいる新世代技術「スカイアクティブ」テクノロジーをフルに搭載した、完全スカイアクティブモデルです。
最新の安全装備も搭載されていて、近年のマツダの良さの象徴とも言えるかもしれませんね

3位:スバル フォレスター

2017年1−9月 販売台数 16,429台
2016年 販売台数 28,544台
2015年 販売台数 20,458台

車高も高く、6速マニュアルモードのリニアトリニックに、エンジンも2種類使用されている本格的なSUVです。
さらに、内装にもこだわりがあり、高級感のあるインテリアに、高級オーディオを搭載することで、とても快適な室内となっています。

高級SUV

高級SUVの定義としては、各車種最安値グレードの新車車両価格が290万円以上の車種から選定しています。

1位:トヨタ ハリアー

2017年1−9月 販売台数 45,102台
2016年 販売台数 41,403台
2015年 販売台数 58,991台

おしゃれな高級車として確固たる地位を確立しているSUVですね!
上質なインテリアを備えていて、下位グレードであっても上位グレードと見分けがつかないほどになっています。

ハリアーは走りの良さよりも先に豪華なインテリアが特徴です。そのためモテる車だと言われ、人気の車種になっています。

2位:トヨタ ランドクルーザープラド

2017年1−9月 販売台数 10,950台
2016年 販売台数 -
2015年 販売台数

ランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの小型・廉価版のSUVです。
小型・廉価版とはいえ、日本でのSUVとしては十分大きく、高級感も十分で、ライバル車としては日産エクストレイルが相当します。
また、日本での使用を考えるとランドクルーザーは大きすぎるという声もあり、そういった意味ではランドクルーザープラドの方がおすすめかもしれません。

3位:レクサスRX

2017年1−9月 販売台数 9,710台
2016年 販売台数 17,551台
2015年 販売台数 24,411台

「高級セダンの乗り心地と快適性を備えたSUV」がコンセプトとなっており、高級感はもちろん、乗り心地も快適、室内の機能性も極めて高いトヨタの高級・大型クロスオーバーSUVです。

スポンサーリンク

女性に人気のSUV

以前まではSUVは男性の車と言うイメージがありましたが、最近は女性もSUV好きなのですよ!

見た目もカッコいいし、コンパクトSUVも出ていて運転しやすい、眺めがいいと大人気です

1位:ホンダ ヴェゼル

女性には嬉しい大きすぎないサイズ感、そして小回りも結構効くので運転もしやすく「初めてのSUV」としてもオススメ

2位:マツダ CX-3

やはりここでも、コンパクトで扱いやすそうなボディ、「スタイリッシュなデザイン」で一歩先を行く次世代型SUV。

実際に女性ユーザーの割合が多い人気車種です

3位:スズキ ハスラー

快適で低燃費の「遊べる軽自動車SUV」としてデビュー。クルッとした可愛い丸目ライトと、広めの室内空間&オシャレ感を両立した「角丸のスクエアボディ」が特徴です。

軽自動車なので燃費も抜群に良く、税金も安いので「維持費を安くすませたい」方にもオススメです。

一度はお車の査定を

気になる燃費ランキング

人気のSUV、デザイン良し、アイポイント(視点)良し、快適に運転できてルンルン気分ですが、この「燃費」は誰もが気になると思います。

せっかくお気に入りの車に乗っても燃費を気にしながら運転してはちっとも楽しくないですからね

という事で国産SUV 気になる燃費ランキングを発表します↓

順位 モデル名 エンジン種別 燃費
1 トヨタ C-HR ハイブリッド 30.4km/L
2 ホンダ ヴェゼル ハイブリッド 27.0km/L
3 マツダ CX-3 ディーゼル 25.0km/L
4 トヨタ ハリアー ハイブリッド 21.4km/L
5タイ レクサス NX ハイブリッド 20.6km/L
5タイ ホンダ ヴェゼル ガソリン 20.6km/L
5タイ 日産 エクストレイル ハイブリッド 20.6km/L
8 スバル XV ハイブリッド 20.4km/L
9 レクサス RX ハイブリッド 18.8km/L
10 マツダ CX-5 ディーゼル 18.6km/L
*燃費はJC08モード燃費表記

 

1位:トヨタ C-HR ハイブリッドS(30.4m/L)

JC08モード燃費 30.4
実燃費 17.0~25.4
[単位]km/L

2位:ホンダ ヴェゼル HYBRID (27.0km/L)

C08モード燃費 27.0
実燃費 14.5~21.7
[単位]km/L

3位:マツダ CX-3 XD(25.0km/L)

JC08モード燃費 25.0
実燃費 14.6~21.9
[単位]km/L

 

まとめ

SUVも少し前とはだいぶ変わってきました。

SUVに乗る人は海や山に行く人が大半だったのに、今は街中でも普通に走っている、走れているという表現が正しいでしょうか?

そのせいか、女性にも人気でますます需要がありますからね

やはり人気はコンパクトSUVですね、特にホンダヴェゼル、トヨタのCH-Rは圧倒的な人気車種

SUVなのに大きすぎず、運転しやすい、さらには燃費も良くお財布にやさしい‼

また高級SUVはトヨタのハリアーが入りました

ワンランク上のラグジュアリーSUVも根強い人気ですね!

 

そしていつかは・・ランボルギーニ SUVに乗ってみたい・・・価格は2574万円

ランボルギーニ SUV

ランボルギーニ SUV

 

おわり

一度ご自分のお車を査定してみませんか?

 

スポンサーリンク

-自動車

Copyright© hisaの何でもブログ! , 2018 All Rights Reserved.