普段の気になった事や興味のある事を書いています。

hisaの何でもブログ!

野球

第100回全国高校野球、出場校は?優勝候補を大胆予想!

更新日:

いよいよ高校野球の時期がやってまいりました。

夏の甲子園、全国高校野球が始まります。

今年は第100回記念大会という事で過去最多の56校が参加。その中で出場校の紹介と優勝候補はどこなのか?大胆予想しちゃいます。

そしてその優勝候補を阻むのはどこなのかも候補を上げました。

どこが優勝するのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

夏の甲子園、第100回記念大会の出場校は?

今年は第100回記念大会とあって、出場校が56校と過去最多に増えました。

従来は、各都道府県+東京と北海道が1校ずつ増えて49代表。

今年は、東京と北海道に加え、

  • 埼玉
  • 千葉
  • 神奈川
  • 愛知
  • 大阪
  • 兵庫
  • 福岡

と7府県が選ばれました。理由は、「1回戦から8回勝たないと優勝できない」ことだそうです・・

こう見ると、いずれも人口が多い府県ですから当然といえば当然ですね。

なので、北と南、東と西で分けてそれぞれの代表が甲子園の切符をゲットしました。

ここで全56出場校をご紹介します。あなたの地元のはどこがでてますかね??

出場校一覧

地区 地方大会 代表校 出場回数
北海道 北北海道 旭川大高 9年ぶり8回目
南北海道 北照 5年ぶり4回目
東北 青森 八戸学院光星 2年ぶり9回目
岩手 花巻東 3年ぶり9回目
秋田 金足農 11年ぶり6回目
山形 羽黒 15年ぶり2回目
宮城 仙台育英 2年連続27回目
福島 聖光学院 12年連続15回目
関東 茨城 土浦日大 2年連続4回目
栃木 作新学院 8年連続14回目
群馬 前橋育英 3年連続4回目
北埼玉 花咲徳栄 4年連続6回目
南埼玉 浦和学院 5年ぶり13回目
東千葉 木更津総合 3年連続7回目
西千葉 中央学院 初出場
東東京 二松学舎大付 2年連続3回目
西東京 日大三 5年ぶり17回目
北神奈川 慶応 10年ぶり18回目
南神奈川 横浜 3年連続18回目
山梨 山梨学院 3年連続8回目
東海 静岡 常葉大菊川 2年ぶり6回目
東愛知 愛産大三河 22年ぶり2回目
西愛知 愛工大名電 5年ぶり12回目
岐阜 大垣日大 2年連続5回目
三重 白山 初出場
北信越 新潟 中越 2年ぶり11回目
長野 佐久長聖 2年ぶり8回目
富山 高岡商 2年連続19回目
石川 星稜 2年ぶり19回目
福井 敦賀気比 3年ぶり8回目
地区 地方大会 代表校 出場回数
近畿 滋賀 近江 2年ぶり13回目
京都 龍谷大平安 4年ぶり34回目
北大阪 大阪桐蔭 2年連続10回目
南大阪 近大付 10年ぶり5回目
東兵庫 報徳学園 8年ぶり15回目
西兵庫 明石商 初出場
奈良 奈良大付 初出場
和歌山 智弁和歌山 2年連続23回目
中国 岡山 創志学園 2年ぶり2回目
広島 広陵 2年連続23回目
鳥取 鳥取城北 3年ぶり5回目
島根 益田東 18年ぶり4回目
山口 下関国際 2年連続2回目
四国 香川 丸亀城西 13年ぶり5回目
徳島 鳴門 2年ぶり12回目
愛媛 済美 2年連続6回目
高知 高知商 12年ぶり23回目
九州 北福岡 折尾愛真 初出場
南福岡 沖学園 初出場
佐賀 佐賀商 10年ぶり16回目
長崎 創成館 3年ぶり2回目
熊本 東海大星翔 35年ぶり2回目
大分 藤蔭 28年ぶり2回目
宮崎 日南学園 2年ぶり9回目
鹿児島 鹿児島実 3年ぶり19回目
沖縄 興南 2年連続12回目
スポンサーリンク

第100回全国高校野球、優勝候補は?

ここ最近のトレーニングの向上、道具(金属バット)の真価によって、球の飛距離も伸び、強豪校とそうでない高校での差が縮まったと思います。

しかもまだ高校生は15~18歳と成長期とあって、春の時期と夏とは全然身体が違ってくると思いますので、予想は難しいですが、その中でも優勝候補を上げたいと思います。

優勝候補★★★★ 大阪桐蔭

北大阪:大阪桐蔭・・言わずと知れた春センバツの覇者。黄金世代です。メンバーも、

  • ドラフト1位候補の根尾(ショート・投手)
  • 藤原恭大(スピードスターで4番)
  • エース柿木蓮
  • 昨年仙台育英戦でベースを踏み損ね涙をのんだ主将・中川卓也
  • 華麗なる守備と打撃力を持つ山田健太

地区予選で9回2死から逆転勝ちし、逆境に強い事も証明したので穴がない。油断はしないと思うが、何があるか分からないのが高校野球、敵は自分自身か?

優勝候補★★★ 星稜

石川:星稜

予選大会で22-0と決勝戦ではありえないほどの得点で全国切符を勝ち取る。

選手層も2年生エース147km/h奥川と幼馴染の山瀬のバッテリー。石川県予選無失点です。

U15日本代表の寺西、内山、キャプテンの竹谷、そしてゴジラ松井の大会通算本塁打記録を塗り替えた南保(5本)

「星稜史上最強」説が流れています・・

優勝候補★★ 創成館

長崎:創成館

センバツベスト8の成績を果たした。

この記念大会は投手を6人要するという。17年の明治神宮大会では初出場で準優勝。

すべて継投で勝ち上がってきているので、この猛暑では有利に働きますね!

投手陣が豊富なのでピンチでも流れを変えられそうです。

優勝候補★★ 横浜

南神奈川:横浜高校

注目は、コンゴと日本人のハーフ、万波中世。

高校通算40本塁打。神奈川大会を通じて、24打数13安打で打率・542、2本塁打、12打点と大活躍!

投手陣も、板川のほか、左腕・及川雅貴(2年)は、最速152キロ。ハンパない・・

及川は、元U15日本代表、W杯では最優秀防御率を受賞した逸材。

またスーパー1年生では度会隆輝(1年)だ。ヤクルトで活躍した度会博文氏の息子です。

U15日本代表の3番打者として活躍し、大会最優秀選手にも選ばれてます。

優勝候補★★ 智弁和歌山

和歌山:智弁和歌山

春の選抜準優勝。和歌山大会では、初戦から準決勝まで大会初の4試合連続2桁得点、コールド試合と圧倒的な強さを見せた。通算チーム打率は4割1分。

またドラフト候補のスラッガー林晃汰。長打力は智弁和歌山でも歴代1,2位らしい。

巨人の岡本級なのか・・

優勝候補★ 花咲徳栄、浦和学院

北埼玉:花咲徳栄、南埼玉:浦和学院

昨年の覇者の花咲徳栄、エースで4番の野村に期待。MAX146キロ

浦和学院は春以降無敗。決勝戦で17得点を挙げ打撃が好調、甲子園ではどこまで食い込めるか

まとめ

夏の甲子園、第100回記念大会は最多の56校が参加して白球を追いかけます。

その中で、ダントツの優勝候補は大阪桐蔭、投手も野手も揃っていて穴がない。

その大阪桐蔭にストップをかけるのが、星稜や横浜や創成館、智弁和歌山か!

浦和学院と花咲徳栄はどこまで食い込めるか!

楽しくなってきました。

おわり

スポンサーリンク

-野球

Copyright© hisaの何でもブログ! , 2018 All Rights Reserved.