普段の気になった事や興味のある事を書いています。

hisaの何でもブログ!

オリンピック

池江璃花子バブル、アジア大会MVP!日本の総メダル数は?

更新日:

 

嬉しいニュースが飛び込んできましたね!

 

競泳女子の池江璃花子がジャカルタで行われているアジア大会で、大会MVPを受賞し、賞金もゲットました。

 

それもそのはず、出場した種目すべてメダルを獲得したのだから・・

 

池江璃花子のための大会になりましたね!まさに璃花子バブルですよ!

 

そしてこのアジア大会で日本のメダル数は、どれくらいになったのでしょうか?

 

色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

池江璃花子がアジア大会MVP!

池江璃花子にとってまさに理想的な大会だったのではないでしょうか?

 

大会がアジア大会という事も、もちろんありますが、出場した種目すべてメダル獲得。

 

そのうち金メダルが6個、銀メダルが2個の合わせて8個のメダルで、個人の金メダルが4個。

 

関連記事:池江璃花子、日本史上初の6冠!アジア大会のメダル数は?

 

しかも日本人大会MVPは、前回大会で受賞した競泳男子の萩野公介に続く2大会連続で4人目です。

 

18歳でMVPってサッカーで言えばメッシみたいですね・・

 

なおMVP賞は1998年のバンコク大会以降、サムスン電子がスポンサーとなり、MVPが選出されています。受賞者には賞金などが贈られる。

賞金金額は5万ドル(約550万円)もゲット。

 

過去のMVP受賞者は?

  • 1998年 伊藤浩志 陸上
  • 2002年 北島康介 競泳
  • 2006年 朴泰桓 競泳
  • 2010年 林丹 バドミントン
  • 2014年 萩野公介 競泳
  • 2018年 池江璃花子 競泳

日本人では4人目ですね、しかも競泳が多い!

 

凄すぎる・・敵なし無双ですね。

スポンサーリンク

アジア大会の日本の総メダル数は?

このジャカルタ・アジア大会での日本の総メダル数はどれくらい獲得したのだろう?

 

結果日本は金74個、銀56、銅74の計204個のメダルを獲得しています。(2位)

 

ちなみに1位は中国の金132個、銀92、銅65の計289個。やっぱり強いね・・

 

メダル獲得数TOP10(2018ジャカルタ・アジア大会)

 

日本はアジア大会で韓国を抜いて2位になっています。

 

これまでアジア大会メダル獲得ランキングでは、1位中国、2位韓国、3位日本だったのですが、今回日本は頑張りましたね。

 

2014日本メダル数 金47個、銀77個、銅77個 合計201個

2018日本メダル数 金74個、銀56個、銅74個 合計204個

 

前回大会に比べて金メダルが大幅に伸びてますね!MVPの池江璃花子がリレー合わせて金メダルを6個獲得してますから。

 

その他にも、新種目の柔道混合団体やサッカー女子、7人制ラグビー女子、ホッケーや男子マラソンが金メダル獲得しましたからね。

 

嬉しい限りです。

 

そして今回、開催国のインドネシアがメダル獲得ランキング4位に入っています。

 

過去の大会に比べて大幅にメダルを獲得していますね。開催国ですとホームタウンなので、別な力が出てくるのでしょうかね?

 

2014インドネシアメダル数⇒金4個、銀5個、銅11個 合計20個 ランキング17位

2018インドネシアメダル数⇒金31個、銀24個、銅43個 合計98個 ランキング4位

 

まとめ

インドネシア・ジャカルタで開かれているアジア大会ですが、競泳の池江璃花子が大会MVPを獲得しました。

 

個人で金メダル4つ、リレーで2個の金、銀メダル2個で合計8個のメダルを獲得してます。

 

そして賞金も5万ドルもゲット出来て素晴らしいですね!これがプロの大会とかでしたら賞金も、もっといただけるのでしょうね。

 

そして日本の総メダル数も204個と韓国を抜いて2位にランクしました。

 

2020年の東京オリンピックに向けて、いい弾みができたのではないでしょうか?

 

池江璃花子は東京オリンピックの時にはどれくらいの選手になっているのだろうか?

今から楽しみです。

おわり

スポンサーリンク

-オリンピック

Copyright© hisaの何でもブログ! , 2018 All Rights Reserved.