普段の気になった事や興味のある事を書いています。

hisaの何でもブログ!

芸能

猫ひろしのカンボジア名は?身長や現在は何をしてる?

投稿日:

サッカー日本代表の本田圭佑選手がなんとカンボジア代表のGM、事実上監督に就任してびっくりしましたが、

カンボジアには日本からは過去にお笑い芸人でランナーの「猫ひろし」が国籍を取得していますね。

ここで今回は、猫ひろしのカンボジア名や、身長、また猫ひろしの現在は何をしてるのかを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

猫ひろしのプロフィール

本名:瀧﨑 邦明(たきざき くにあき)

ニックネーム:ねこ

生年月日:1977年8月8日

出身:千葉県市原市

身長:147㎝

事務所:WAHAHA本舗

師匠:はちみつ二郎

配偶者:既婚

 

身長は147㎝しかないんですね!マラソン向きです。

猫ひろしという芸名の由来は?

「猫ひろし」の芸名の由来は、舘ひろしの「たち」を同性愛用語の攻め役「タチ」と捉え、それに対しての受け役を意味する「ネコ」≒「猫」に変えたものである。本人は単に猫好きであるから、とも話している

引用:猫ひろしwikipedia

猫ひろしのカンボジア名はクメール語で何?

カンボジア代表の猫ひろし

カンボジア代表の猫ひろし

ご存知のある方もいらっしゃると思いますが、猫ひろしはカンボジア国籍を取得しています。

実際に2011年11月9日にカンボジア国籍を取得。

経緯はというと、2010年12月にアンコールワット国際ハーフマラソンで3位に入賞したのをきっかけにカンボジア側からのオリンピック代表への打診がありました。

これだけでもすごいですよね!昔から足が速く、番組の企画でもミニマラソンで好成績を収めたりしたり、東京マラソンを3時間以内で走ることを目標にしたり。猫ひろしは普通にアスリート選手ですよ!

また谷川真理を育てたコーチ・中島進の指導を受けており、中島進がヘッドコーチを務めるプーマランニングクラブ所属。

猫ひろしは日本国籍を捨てて、カンボジアの国籍を取得してオリンピックに出場する決意を決めました。

そのカンボジア名は、クメール語で「チュマールひろし」

日本語に訳すと

  • チュマール=「小さい」
  • チュマー=「猫」

猫ひろしは身長が147㎝と小さいので、その小さいと、猫の両方の意味で「チュマール」という意味。

クメール語は複雑ですな・・

 

それですんなりカンボジア代表でオリンピックに出られると思いましたが、居住問題等あり

  • 「過去に国際競技会での代表経験がない」
  • 「(ロンドン五輪の時点で)国籍取得から1年未満かつ連続1年以上の居住実績がない」

という理由でロンドンオリンピックは不参加。せっかく国籍を変えたのに、これでは意味がありませんね。

その後カンボジアの大会で優勝して晴れてカンボジア代表に。そしてリオデジャネイロオリンピックにカンボジア代表として、Kuniaki Takizakiの登録名で出場。

結果は140人中139位でしたが、お笑い芸人がオリンピックに初出場して初完走という偉業を果たしました。

猫ひろしは、国籍を日本には戻さないと言っていますので、これからもカンボジア代表として最後まで責任を果たすつもりでいます。

スポンサーリンク

猫ひろしの現在は何をしてる?

現在の猫ひろしの現在ですが、現在もマラソンを続けています。

そして主な活動は日本です。。そして年に数回カンボジアに帰るという生活をしています。

一応日系カンボジア人という扱いですからね。

猫ひろしはカンボジア国籍ですが、奥さんとお子さんは日本国籍。なので生活も日本でという事。

日本で芸能活動をして、かつマラソンの練習もしている。

また2020年には東京オリンピックもありますから、猫ひろしも「チャンスがあれば」出場したいといっています。

ただ、猫ひろしの年齢を見ると、今年40歳(2018年現在)これから記録が向上するかは、ハッキリ言って疑問です。

なのでカンボジアの「マラソンコーチ」という立場でオリンピックに関われたら可能ですね。

カンボジアではコーチがいないそうで、ここで日本で学んだ理論をカンボジアの選手に教えて上げれたらいいですね。

 

猫ひろしの自己ベスト記録

ハーフマラソン:1時間14分37秒(2012年)

フルマラソン:2時間27分48秒(2015年)

まとめ

猫ひろしのカンボジア名はなんと「チュマールひろし」。

チュマールはカンボジア語で「小さい」の意味で「猫」はチュマーの意味。

そして身長は、マラソン向きの147㎝とミニマムです。

その両方の意味も含めて、「チュマールひろし」という何とも複雑な意味が入っていますね。

そして現在の猫ひろしは、日本で芸能活動をしながらマラソンの練習を行って、年に数回カンボジアに帰っている生活を送っています。

東京オリンピックもチャンスがあれば出たいと言っていますので、年齢的に厳しいかもしれませんが諦めずにぜひ選ばれて、猫ひろしの雄姿を見たいですね。

おわり

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© hisaの何でもブログ! , 2018 All Rights Reserved.